novel

□学習の仕方
2ページ/5ページ

「イエイエ!!滅相もない!自分でやりますから!」
「まあまあ。先生!遠慮しないで下さい!僕が丁寧に一つ一つ教えて差し上げます!」

必死で嫌がる私を無視して教科書を取る。
そして何故か私を抱えて自分の膝の間に座らせる。
「何…この体制は…///」
「先生が、勉強の最中に逃げてしまわないように…ですよ…。」

やけに近く、耳元で囁く。
自分の顔に熱が走るのが分かる。




その後、普通に勉強を教えてくれたネウロ。頭がいいからか教え方も上手く分かりやすい。
一通り範囲を網羅した私は少し疲れて後ろのネウロの胸に頭を預ける。
「おや。先生お疲れですか?」
「うん…。少し。でもネウロのお陰で大分分かるようになってきたよ。有難う。」
「では、この辺で休憩しますか。」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ