novel

□学習の仕方
3ページ/5ページ

そう言って教科書をテーブルに置くネウロ。そして急に私の身体を撫でてきた。
「ネウロ?!何して…。」
「では、先生。復習です。」
「え…?」
「原子番号20番までの元素のうち、イオン化エネルギーを比べると最も大きい元素は?」「えっと…ヘリウムかな?」
そう答えるとなんとも嬉しそうなのか、黒い笑みか分からない顔をされる。
「正解です。」
そして、耳を軽く食まれる。
「ひゃあっ…!」
その間もずっと身体を触り続けるネウロ。
「ねっネウロ…!やめ…!」
「第二問。」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ