novel

□気まぐれが生み出す快楽の淵で何を思う?
3ページ/6ページ

そうして今に至るわけで…。

いつ用意したのか、マッサージ用の台と……インターンの医者のような格好をした魔人。
何事も形からの精神はこんなところにまで現れるのか…。


「いっ……!」

さっきから繰り返されるこの指圧の痛みに耐えるのが精一杯で。


すると魔人の手が、身体から離される。

「はい。先生、痛いのは終わりですよ。」

「ほんとっ?!」

がばっと身体を起こしてみると…確かに身体が軽く感じる。

全くこの魔人は…ドSなんだか、どうなんだか…。
いや、ドSに間違いはないけど…。
と一人俊順しているともう一度身体を寝かせられる。

「なっ何、ネウロ。もう終わったんじゃ…?」

「ええ…。痛いのは終わりましたよ。」

ん…?

今「痛い」のはって言ったよね?

妖しく光を灯した瞳。
「今度は、気持ちいいマッサージをしてあげます☆」

「結構ですー!!」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ