novel

□私の声を聴いて。人魚姫のように詠うから…。
3ページ/7ページ

「お風呂場…?」
そしておもむろにドサッとタイルの上に投げ落とされる。

「ちょっとネウロ?!何を……きゃあああー!!」

いきなりシャワーをかけられる。

「いやー!!制服が濡れるっ!!」
「当然だ。濡らしているのだからな。」
「何なのさ!急にこんな事してっ!」
「黙れ。」

地を這うような低く、よく通る声。

「ネウロ…?」
妖しく光る深緑の目が私を見つめて。
その秀麗な顔が近づいてくる。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ