novel

□叶えたいの。だから私は星に願う。時が尽きるまで・・・。
1ページ/7ページ

誕生日なんて特に意識したことはなかった。

もう高校生なのだから。






「誕生日おめでとう。弥子。」
「有難う!叶絵。」

その他にも友達が沢山の新作お菓子を持ってきてくれた。

皆、物は物でも食べ物が一番喜ばれることを何より心得ていた。

「今日も事務所?」
「うん。この後行く。」
「大変ねえ〜。誕生日も探偵稼業は続くのね・・・ということは今日は二人でお祝い・・・?」

親友は確実に面白がっていた。

あの魔人にそんなモノが通用するわけないのだ。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ