novel

□叶えたいの。だから私は星に願う。時が尽きるまで・・・。
2ページ/7ページ

ふと、あの男にも誕生日というものがあるのか気になった。

魔界に生を受けたのだから、ある・・・とは思う。


そういえばそんな話したことなかったな。

「あるぞ。」
「へ?」
「16月344日だ。」
「はあ〜!?そんな日付この地球には存在しませんけど・・・。」
「地球歴に換算すると3月10日だ。」
「3月・・・10日・・・?」

それは・・・つまり・・・えーと・・。


私と・・・同じだったの!?

「まあ、そういうことだ。」
「思考を読むなあっ!!」

そういえば・・・。

「ち・・ちなみにネウロって・・・何歳?」

「聞きたいか・・・?」
面白いものをみるような目で此方を見てくる。

「いいえ・・結構です。」

聞いたら色々怖くなりそうだ。

「それはそうと、夜に謎の生まれる気配がする。」

「はいはい。夜に集合ね・・。」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ