novel

□夏空を彩るは一瞬の夢などではなくて・・・。
2ページ/7ページ

「確かに、我が輩の耐久温度は1億度ほど・・・。しかしこうも暑いと嫌になるな・・・。」
“暑さを感じることはこの世界に慣れてきた、ということではないですか?”
「あまり喜ばしいものではないな。」

自嘲気味な嗤いが浮かぶ。

“でも、地上の夏もきっといいものだと感じると思いますよ?”

「面白そうだな。どういう意味だ?」


その時、事務所への階段を昇る音が聞こえた。

「いつものローファーの音ではないようだな・・・。」
“花火大会といったらやはり・・・”


「ネウロー!来たよ!!お待たせ。」

そこには少し肩を上下させている少女が立っていた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ