novel

□夏空を彩るは一瞬の夢などではなくて・・・。
3ページ/7ページ

「ほう・・・。」
“浴衣というものです。弥子ちゃんよく似あってるね!!”
「有難う、アカネちゃん。急いできたんだけど・・・着くずれしてないかなっ。」
“大丈夫だよ!”
「浴衣・・・・・・。」
「どうしたの、ネウロ?なんか考え込んで。」

「脱がせやすそうだな。」
「ばっ・・・なっ・・何言ってんの////!?」
「どうだヤコ。まだ時間もあるようだ・・・。」
「馬鹿っ!!そんなことばっか考えないでよ///!!それより・・・。」
「なんだ?浴衣ぐらいまた着せてやるぞ。その点は心配するな。」
「だからっ///!!そうじゃなくて!実は・・・ネウロの分の浴衣もあるの・・・。」

「ほう・・・で?」
「で?って着てくれないかなあって・・・。」
「ほう。」
「え・・・?」
「我が輩に、これを、着てほしい、と?」
「え・・・いっ嫌なら無理して着なくても・・「着せろ。」


「は?」
「着てほしいなら貴様が我輩に着せろ。」
「はあああああああ/////!?」
「我輩、着たことがないのでな。」
「いやいやいや!!さっき私の浴衣着せれるって・・・。」
「男物の着方は知らん。」
「女物よりはるかに簡単じゃん!!」
「そんなに簡単だというならさっさと着せろ。」
「・・・・・・っ///////」






「下手くそ。」
「なっ・・・////」
「だからもっと近づけと言っただろう。だいたい目を瞑って着せる奴がどこにいる。」
「そ・・・そんなこと言ったって///」
「今さら恥ずかしがる必要がどこにある。」

「ネウロには分かんないっ////!!」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ