novel

□世界を動かす時計を持つのが君ならば僕は君を追いかけるよ
1ページ/7ページ

人間界の時間では3年。
魔界ではほんの深呼吸にいっていたような感覚がそれだけの時間を過ぎ去らせた。

『あんたがいつどこに帰ってきても・・・すぐに私をみつけられるくらい輝くから』

その言葉を信じて・・・・。














「世界を動かす時計を持つのが君ならば僕は君を追いかけるよ」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ