novel

□世界を動かす時計を持つのが君ならば僕は君を追いかけるよ
3ページ/7ページ

「つ・・・・疲れた。」
「なんだヤコ?もうひからびてきたのか?」
「なに塩かけてんのっ!」

ゆっくりと開かれる事務所の扉。

全ての始まりの場所。
何もかもがそのままに残してあり、ここだけは刻がとまっていたかのような。

まるで帰ってくるのを待っていたかのように。

「・・・・・・懐かしいな。」
そう呟けば少し驚いたような顔。
しかしそれはすぐに微笑みに変わる。
「・・・・・そうだね。」


正面に構えるトロイへと足を向ける。

時計の針が動き出す。
全ての歯車をのせて。


「さあ、目覚めの時間だ。」
腰をおろし、足を組む。
しっくりと「馴染む」感覚。

「ネウロ。」

すぐ目の前には笑みを浮かべた「少女」


「おかえり。」

その笑顔は3年前と変わらず鮮やかで。


そう感じた瞬間に腕が自然に伸びていた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ