Yuki's Love Story

□雪降る夜に
1ページ/3ページ



ハッピーメリークリスマス!


毎年恒例の朝陽院でのクリスマスパーティーはジュースの乾杯で始まり、子どもたちは賑やかに手作りのクリスマスディナーを頬張っている。
みんなで飾り付けたツリーが部屋の真ん中に置かれ、ささやかではあるが心暖まるイベントに夕月も笑顔を零していた。

「夕月、楽しんでる?」

「奏多さん」

隣の席に腰掛けてきた年上の彼は、小皿に取り分けられたチキンを夕月の前に置く。

「あ、僕よりも他の子にあげてください」

「これは夕月の分だよ。まだ食べてないよね?」

「はい、でも...」

相変わらず遠慮がちな夕月に奏多は苦笑する。
院では夕月も年長のグループに入るとは言っても、まだ10才だ。
甘えることを知らない優しい子。

せっかくのクリスマスなのだから遠慮などせずに、みんなと同じように楽しい一日を過ごして欲しかった。

「そうだ、今日は夕月の願いごとを一つ、叶えてあげるよ」

「願いごと、ですか?」

「うん、僕からのクリスマスプレゼントだと思って受け取って?」

くしゃりと髪を撫でると夕月の口許が綻び、照れくさそうな笑みが浮かぶ。

「夕月の願いは何?」

「えっと......んーっと...」

普段、自分の望みなど口にしたことのない謙虚な彼には、少し難しい質問だったかも知れない。
悩める夕月に助け舟を出すように奏多は提案してみた。

「じゃあ、こうしよう。眠る前までに、どんな小さなことでもいいから夕月の願いを考えておいて?」

「小さなこと?」

「うん。例えば...冬休みの宿題を代わりにするとか、3時のおやつを一週間分とか?...あ、おやつは一週間限定にしてね」

イタズラっぽく話す奏多に夕月はクスクスと笑い出す。

「それじゃあ、何か考えておきますね」


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ