Yuki's Love Story

□Melty*
1ページ/3ページ


...冬は苦手だった。

「寒いから」とか、そんな単純な理由じゃなくて...。

薄いレースのカーテンを開いて窓の外を見上げれば、どんよりとした鈍色の空から深々と雪が降り続いていた。

このまま降り積もればきっと、明日の朝には世界を真っ白に塗りつぶしてしまうだろう。

―――跡形もなく、真っ白に。


「...っ、......」

込み上げた恐怖に胸元を押さえる。
何もない真っ白な世界に独り、置き去りにされた自分の姿を白昼夢のように垣間みた気がして、
......怖かった。

「弱い、な...」

内面も、外面も。

思わずカーテンをきつく握りしめて自分の弱さを呪う。
マイナスへと落ちていく思考の中、それを掬い上げる賑やかな声が耳を掠めて、夕月は窓下へと視線を移した。



***

「だーかーらー!そんなんじゃねぇって!」

「じゃあ、嫌いなんだ?」

「違っ!...別に、なんとも思ってねぇよ......」

学園を出てから交わされる焔椎真とのやりとりに、愁生は軽い溜め息を吐き出す。

――いい加減、認めればいいものを...。

戒めの手であれば誰もが抱く、夕月を愛おしいと想う気持ち。それを焔椎真は強く否定する。
...まあ、照れ隠しなのだろうけど。


「あ〜!もう、この話は終わりだ終わり!」

黄昏館の敷地内に入り焔椎真は唐突に話を切った。夕月本人には勿論、他の誰にも聞かれたくないのだろう。

「まったく、素直じゃないな...」

「何か言ったか?」

「いや......。あ、夕月」

「なにっ!?」

視線を感じて見上げれば、玄関先を望める二階の窓際に佇む夕月と目が合う。
彼は一人のようで窓越しに「おかえりなさい」と、手を振って微笑みをくれる。
いつもの夕月と変わりないはず、それなのに僅かな違和感を覚えた。


「夕月...泣いてないか?」

焔椎真が漏らした言葉に愁生は確信を得る。それは、経験した者だからこそ理解できたこと。
微笑みの下に隠れた哀しみを...。

「行こう」

「ああ!待ってろ、夕月!」


――俺たちは知っている。

独り泣く、淋しさと心の痛みを...。

そして、そんなときこそ人の温もりが恋しいことも。


―――君は決して独りじゃない。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ