短編・中編

□仕上げは旦那さん 2
2ページ/98ページ


その日の朝は

思いの外早く訪れた


「吉備さん!吉備さん起きて」


快活な声色

今ではすっかり聞き慣れた愛しい声


されど


起床を促される身体が悲鳴をあげていた

だって絶対おかしいもん

起きなくていいって 全身が叫んでるもん



そう 愛しいあの子は異常なまでに徹底した早起きさん

休日だろうが何だろうが 毎朝4時に起きて毎朝6時までにすべての家事を終えてしまう超ハイスペックワイフ

毎朝4時半ごろになると美味しそうな香りが2階の寝室まで漂ってくるので自然に目が覚めるのだけれど

二日酔いのときはゆっくり寝かせてもらう

といっても

あの子の「ゆっくり」は6時半

常軌を逸した起床感覚だと思う



おそるおそる目を開けると

時計は午前3時半を知らせていた

あぁ やっぱり(泣)


 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ