□幕間 疑心
1ページ/4ページ



彼女は初めて会ったとき



季節はずれの格好に裸足だった



どこからどう見ても



不思議な光景だった



なぜだか気になった



心の中の助けてという声が



聞こえた気がした



そこに存在しているのに



私には夢か幻のように見えた





----- 幕間 疑心 -----






最初は、本当に人助けの気持ちだった


まだ10月とはいえ、少し肌寒い季節に、不釣り合いな格好


困っているのは明白だった





肩までのサラサラの髪が印象的で


少し細身の身体に可愛らしい顔


鬼崎君たちと同じ年頃の少女に見えた


でもなら、なぜ学校に行っていないのか


この村の人間でないことは、間違いなさそうだ





事情を尋ねても


彼女の答えは、はっきりしなかった





いろいろと気になることはあったが


まぁ、追々聞けばいいと思っていた







次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ