蹴球

□死神少女が捕まった
1ページ/1ページ

目が覚めたら、そこには黒いパーカーを着た女の子が座っていた。

「・・・君、誰」
「ボク?ボクは死神。君を迎えにきたんだ」
「・・・死神?でも死神っておっきい鎌持って、凄く怖い顔してるんじゃ・・・」
「あっはは!やだなあ、死神だからってみんなあんな怖い顔してるわけじゃないんだよ!」

死神とは思えないような愛らしい顔で、
ケラケラと笑う彼女。

「・・・名前は?」
「君、少し変わってるね」
「変わってる?俺が?」
「普通死神とか言われたら、「連れて行かないでくれ」とか「そんな馬鹿な」とか言わない?」
「別に。」
「へーんなの。」
「そうかな・・・。ところで名前は?」
「ボクは緋色っていうんだ。」
「ひいろ、か。」
「君はさー、やる事やったわけ?」
「やる事?」
「君さ、あと1日で死ぬんだよ?」
「死ぬ・・・」
「やる事、考えといたほうがいいよ。時間無いけど」
「一つある」
「何?」
「お前を、犯すこと」
「え?」

ドサッ!!

「ぼ、ボクに何するの!?」
「お前に一目惚れした。」
「一目惚れ!?君馬鹿じゃないの!?ボクは死神なんだよ!?」
「死神だろうがなんだろうが、俺には可愛い一目惚れの相手だ」
「・・・君って本当に変わってるね。」
「まぁな。」
「ボクも君に一目惚れしちゃったみたいだ」
「そうか」
「君を連れて行くの嫌だなぁ。ボク誤魔化してしまおうかなぁ。罰は嫌だけど君といられるならそれでいいや」

そう言って俺の首に腕を回す緋色。

「ボク、初めてだから優しくしてよね」
「あぁ」


死神少女が捕まった

「(あれから10年)」
「(緋色と一緒に、まだ俺は生きている)」
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ