蹴球

□君に咲くロータスを枯らしたのは
1ページ/1ページ

私の化身はロータス、蓮の花。

蓮は聖花とも言われているけど、私のロータスはけして美しくは無い。

「ロータス、白竜。あんた達は私を笑ってるでしょうね。堕ちた私を」
「何を言っている、俺はお前を愛している」
「嘘よ!みんな私を影で笑ってた、だからあんたも私を影で笑ってるんだわ!」

薄ピンクの長い髪の毛が風に揺れる。

「私は力が欲しい、誰にも笑われないような力を!」
「じゃあ俺と、究極の力を手に入れよう」
「究極・・・?面白そうね、行きましょうか。」
「俺と堕ちることだな、奥深くまで」
「もう覚悟はできてるのよ」

そういって、私は白竜の手を取った。

君に咲くロータスを枯らしたのは

「(きっとそれは)」
「(俺のせいだろう)」

ーーーーーーーーーー
みじかすぎる
ロータスが書きたかっただけ
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ