小説

□イライラ
1ページ/4ページ

【イライラ】

「あ〜っくそ!!」

俺は机を力任せに思いっきりぶん殴った。

めちゃくちゃイライラすんぜ。

何でそんなにイライラしてるのかって?
それは「連立方程式」が解けないからに決まってんだろ!

「もうやってられるかってんだ!!わざわざ学校でしなくても家があるんだから家でやろっ」

マジ、馬鹿って困るわ。

あ、でも馬鹿になったのって俺のせいじゃないよな?

えーっと何とか遺伝で俺が馬鹿になってしまったんだ。きっと。

何遺伝だっけな・・・。

あ!劣性遺伝!

あ〜、連立方程式は解けなかったけど、劣性遺伝思い出してスッキリした〜♪


そして俺は学校から家までの長い道のりをランランと歩いた。


「たっだいま〜」

「おかえり!マサル兄ちゃん!」

「おぉ!知香、ただいま」

俺は妹の知香を連れて、リビングへ入った。

「あら、マサル。おかえり。遅かったのね」

「ただいま、母さん。それがさ〜、連立方程式が全然わっかんなくて・・・明日までに出す宿題なんだけど・・・」

「そうだったの。もう一度ノートを見直してみたらどう?」

何でここで母さんは私が教えてあげるわ〜とか言えないんだよっ!!

「そ、そうするよ。あれ?そーいやイクトたちは?」

「アグちゃんたちと一緒に二階にいるわよ」

まさか・・・。俺の部屋を荒らしてないだろうな・・・。

「俺、ちょっと二階の様子見てくる」

あの3人をこのまま置いておくのは危険だ。

・・・ついでに連立方程式も頑張るか・・・。

あぁ、俺って真面目・・・。


ガチャ


「アグモン、イクト、ファルコモン。そろそろ一階に・・・」

って寝てんのかよ!!

「おい!イクト!!起きろ!」

「ん〜・・・。マサル・・?」

「ほら!アグモンとファルコモンも起きろ!」

「ファ〜〜・・・。なんだよ、兄貴・・・。人が気持よく寝てるっていうのに・・・」

「ここは俺の部屋だし!ってかお前は人じゃねぇし!俺は勉強すんだから、さっさと出て行った出て行った」

その発言に何故かイクトが衝撃を受けている。

「マサルが・・・!勉強・・・。マサル!熱でもあるのか!?」

「お前・・・、何気に失礼だぞ・・・。俺だってたまには勉強ぐらいすんだよ!」

「俺、マサルがちゃんと勉強するか見ててやる」

っだぁーーーーー!!

「集中出来ねぇだろうが!!」

「勉強する気があるなら俺がここにいても出来る!」

・・・こいつ、今までずっと人間界にいたような口ぶりだな・・・。

「じゃあ、ぼくたちは下に行ってるからね」

「頑張れよ〜兄貴〜」

「ちょ!イクトも連れて行けー!」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ