戦国ノ書壱 続



戦国ノ書壱の第二十七章の続きを書きます

戦国ノ書壱を事前に読んでみえないお方には
ネタバレ、ストーリーの把握の困難が考えられますのでまずは戦国ノ書壱からどうぞ

戦国ノ書壱を読まれてからのお方は続きをお楽しみ下さいませ



表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ