恋する君へ。
ほら?もう泣かないで?

大丈夫だよ。

僕が命をかけたのは君を泣かすためじゃないよ?


君を守るために命をかけたんだ。


ほら?笑って?

君の幸せは僕の幸せでもあるからさ!
わたし
自由板
恋物語
君はいつも笑っているね。

太陽みたいに笑う君はもういない。


いや、居なくなったのは僕の方か‥‥‥‥。


君のために死ねて僕は幸せだよ?


だから君はいつものように優しく笑って?


君が君であるためにさ!


ブックマーク|教える
訪問者4011人目




©フォレストページ