異世界の守り人

□滝の洞窟
1ページ/3ページ




 翌日、最後に起きてきたのはアリィシアだった。
 なぜかすっきりしない顔でかぶりを振っている。寝不足という感じではないが、疲れはあまり取れてなさそうだ。
「アリィシア、どうしたの?」
 エイトが尋ねると、アリィシアはあー、と呻いた。
「昔の夢を見てな……その、あまり思い出したくない夢だったから」
 何で今ごろあんな夢を、とぶつぶつ呟いているアリィシアを見つめながら、エイトは内心ほっとする。昨夜の自分の質問のせいではないかと少し気になっていたのだ。
 ただ、アリィシアのあまり思い出したくない記憶というのは、少し興味があったが。
 しかし今は、そんなものを気にしてはいられないだろう。
「早く朝食食べちゃってよ。僕とヤンガスは陛下に朝食届けに先に街から出るから、早めに来てね」
「んー……」
 アリィシアは反応の鈍い返事をして、食堂の方へと向かっていった。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ