メインストーリー

□優しいKissを… vol.2
1ページ/3ページ

……誰かが、私の髪を撫でてる……

優しくて、暖かい手…。

「そらさん…」

「あ、おはよ。紗絢ちゃん」

ゆっくりと目を開けると、ベッドの端に頬杖ついて、優しく笑うそらさんがいた。

「せっかく、起こさないように、キスするの我慢してたのにな」

そう言って、優しくキスをしてくれる。

私は、思わず布団で顔を隠す。
そして昨夜の事をぼんやりと思い出す。

(私、酔っぱらって、そらさんに送ってもらったんだ。タクシーに乗ったらすごく眠くなって…部屋についたとこまでは、なんとなく記憶があるような…)

「そらさん…ずっと、いてくれたんですか?」

「ん?」

布団から顔を出すと、そらさんはベッドの縁に腰かける。

「だぁって、紗絢ちゃんてば帰してくれないんだモン。
酔うと積極的なんだね」

「えええっ?!」

私は布団を、はね除けて起き上がった。

「わた…わた…私…な…何か…?」

「ぷっ、アハハハ。冗談だよ。覚えてないの?
帰ってすぐベッドに直行して、そのまま寝ちゃったじゃん。何もする暇なかったって。オレも眠くなって、一緒に寝ちゃったんだけどね」

(そう言えば、私、昨日の格好
のまんまだ)

「ん?何もする暇…って…」

「紗絢ちゃん、顔真っ赤だよ。何想像してんの?」

「!何も想像してません!」

枕を掴んで、そらさんにぶつけるフリをすると、そらさんは笑いながら、私の両手をそっと掴んで、枕を降ろさせた。

「ゴメンゴメン。それよりさ、今日、学校休みだよね」

「はい。そらさんは?もしかして、そらさんも?」

「残念、午後から仕事なんだよね」

ちょっと、俯いてため息をつくと、すぐ顔を上げる。

「でも、昼までは一緒に居れるからさ、まだ7時だし、朝ご飯食べてどっか行こうか。
今、ご飯炊いてるから」

「ええっ?そらさんが?」

「何?その反応!オレだってメシくらい炊けるっつーの!」

ちょっとほっぺを膨らませて、横を向く。

(かわいいなぁー)

私は気付かれないように、クスッと笑った。

「じゃあ、味噌汁と何か作りますね」

そう言ってベッドから降りようとした時、

「コラ!今、笑ったっしょ」

「きゃっ!」

そらさんに背中から、抱きしめられてしまった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ