メインストーリー

□優しいKissを… vol.3
1ページ/4ページ

「…これで、よしっと!」

(パチン!)

私は手作りの、おせち料理をキーパーに詰めると、しっかりと蓋をする。

(もうそろそろ、お父さん、迎えに来るかな?)

今日は、1月1日。お正月。

お父さんが私と一緒に、おばあちゃんの所へ行く事になっている。
(本当は、そらさんと過ごしたかったんだけどな…って、しょうがないか。お父さん、無理して休みとってくれたんだし、忙しいんだから合わせないと。
それに、そらさんも今日は仕事だって言ってたし…。
明日は、一緒に初詣に行く約束だから、我慢しなきゃ)

一息ついて、荷物を玄関に運ぶ。
(このおせち、そらさんにも食べて欲しいな。仕事、遅くなるのかな)

そんな事考えてると、玄関のチャイムがなった。

「はーい。今、開けます」

ドアを開けると、飛び込んで来たのは、

「ハッピーニューイヤー!紗絢ちゃん」

「そらさん!?」

玄関で、いきなり抱きつかれた。

「どうしたんですか?今日は仕事なんじゃ…」

「仕事だよ。だから…お迎えに参りました。お嬢様」

「えっ?」

そらさんは、ウインクすると、私の手の甲にキスをする。

「って…もしかしてお父さんの?」

「うん。総理の警護は年中無休だからね」

「でも…、そんな事、一言も言わなかったじゃないですか。今朝のメールでも…」

「だって、びっくりさせたかったんだもん」

そう言いながら、荷物を手にとる。

「紗絢ちゃんが総理と実家に行く、って予定は変えられないだろうから、こうすればオレも紗絢ちゃんと、会えると思ってさ」

「そらさん…」

私が、そらさんの手を握りしめると、

「オレに会えて、うれしい?」

いつもの無邪気な笑顔で、私の顔を覗き込む。

「はい…」

何だかドキドキして、俯いてしまう。
本当は飛びつきたいほど、うれしいのに…。

「うわ。ダメだよ。そんな可愛い顔されたら、オレ……って、ダメダメ!仕事中だからね。明日、初詣に行くんだから、それまではガマン、ガマン。車で総理待ってるから、行こうか」

(ふふっ。逢えないと思ってたのに、こんな風に逢えるようにしてくれるなんて、幸せ。今年も良いことありそう)

そう思いながら、急いで車に向かうそらさんの後を追いかけた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ