メインストーリー

□優しいkissを… vol.5
1ページ/11ページ

お正月も終わり、街がいつもの様子に戻った頃、私は官邸に来ていた。

お父さんが、お正月のお詫びと、おせちのお礼を兼ねて、私と食事する時間をとってくれた。


「紗絢さん!」

入り口で声をかけて来たのは、真壁さん。

「遅くなりましたが…明けましておめでとうございます!」

「明けましておめでとうございます。いつも元気ですね」

「はい!」

こっちまで元気になりそうな、満面の笑顔。
その笑顔を見ていたら、去年、バーで会った事を思い出した。

「そう言えば…いつかは、すみません。置いてっちゃって…」

「え?…あぁ、あの時!気にしないで下さい」

「みどりに聞きました。小杉部長と3人で飲んでたそうですね」

「はい。楽しかったですよ」

「それなら、よかったです」

私も笑顔で応えると、真壁さんに見送られながら、官邸に入る。


ここに来ると、つい探してしまう。

(そらさん、いないかな)

初詣に行ってから、そらさんは仕事が忙しいみたいで、メールと電話のやりとりしかしていない。

(今日も仕事って言ってたしね)

と、諦めつつも、
(そらさんの事だから、元日みたいにびっくりさせようとしてたりして…。私が、今日来る事は知ってるから…)

なんて、期待しながら廊下を歩いていると、

「紗絢ちゃぁん!!」

私を呼ぶ声が聞こえて振り返る。
そして、向こうから走って来たのは…。

「逢いたかったぁ!」

大きく手を広げて、そらさんが私の目の前で急ブレーキをかける。

「っとぉ、ヤバい、ここじゃ駄目だ。こっち来て」

「え?ちょっと、そらさん?」

そらさんは、私の手を握ると、人目につかない大きな柱の陰に、引っ張って行った。
そして、繋いだ手を自分の方に引き寄せると、私を力強く抱き締める。

「よかった。すれ違いにならなくて。オレ、もう少ししたら、出るとこだったから」

「私も、逢いたいなぁって」

「マジで?……それじゃ、キスしてもいい?」

私の背中を柱に押し当てると、両手を柱について、顔を近づける。
(久しぶりに顔を見て、心臓は鳴りっぱなしなのに…)

間近で顔を見るのに耐えきれず、目を閉じると、優しくキスしてくれた。

そして、そっと頭を撫でてくれようとして………、何か白い物が目に入った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ