メインストーリー

□優しいkissを… B.D特別企画
1ページ/5ページ

―前編―


例年より、1週間も早く梅雨があけた7月―。

早くも、夏本番を思わせる暑い日射しの中、私は官邸を訪れていた。


「こんにちは!紗絢さん!今日も暑いですね」

いつものように、玄関で真壁さんが出迎えてくれた。

「こんにちは。暑いのに、ご苦労様です」

「今日は、総理に御用ですか?それなら、先程、出掛けてしまわれたんですが」

「いえ、今日はSPの方達に用が。そらさんは?」

「残念ですが、総理の警護で…」

「よかった」

「よかった?」

「いえ、何でもないです。冷たい物持ってきたので、よかったら真壁さんも休憩時間に来てくださいね」

「ほんとですか?うわ〜嬉しいなぁ。必ず伺います!」

夏の太陽にも負けないような真壁さんの笑顔に見送られ、私はSPルームに向かった。


『コンコン』

ドアをノックすると、中から昴さんが出てきた。

「こんにちは」

「紗絢か。どうした?そらならいないぞ」

「知ってます。今日は、ちょっと昴さん達に相談があって…」

「相談?そうか、ようやく俺に乗り替える気になったか」

「は?」

昴さんがドアに片手をついたまま、顔を近付けてくる。

「やだなぁ、昴さん。紗絢さんは“達に”って言ったじゃないですか」

昴さんの後ろから、瑞貴さんが笑いながら声をかける。

「冗談に決まってるだろ」

「昴さんだと、冗談に聞こえませんよね。それより、早くドア、閉めて下さい。クーラーの冷気が逃げてしまいます。紗絢さん、中へどうぞ」

「ありがとうございます。お邪魔します」

私は瑞貴さんに促されて、部屋の中に入った。


「これ、冷たい飲み物とアイスクリームです。好きなの取って下さい」

「気が利くな」

「いただきます」

残ったジュースとアイスクリームを冷蔵庫にしまうと、昴さんと瑞貴さんの前に座る。


「それで、相談って何だ?」

「実は…、今度の水曜日、そらさんの誕生日なんです」

「へ〜、そらさんの誕生日」

「はい。でもまだプレゼントが決まらなくて…。そらさんが喜ぶ物考えてたら、どんどん迷って分からなくなっちゃったんです。で、みなさんに、アドバイスもらえたらなーって。そらさんが欲しがってる物とか、SPの仕事してて、あったらいいなって思う物とか…ないですか?」

2人は顔を見合わせると、昴さんはため息をついて、瑞貴さんはクスッと笑った。

「お前、それ本気で言ってるのか?そらが喜ぶもんなんて、決まってるだろうが」

「ですよね」

「え?え?本気で悩んでるから、相談に来たんですけど…」

あまりにも、分かりきった事を訊かれた、みたいな反応に戸惑いと焦りを感じる。

昴さんは、空になったペットボトルをテーブルの上にトンと置くと、呆れた顔で私を見た。

「あのな、そらは、お前がくれたもんなら、何だって喜ぶだろ?」

「僕もそう思います。紗絢さんから貰えるなら、ティッシュ1枚でも大事にしそうですよね」

瑞貴さんまで、本気か冗談か分からない笑顔で同意する。

「ティッシュ…って、それはないと思いますけど…。確かに、そらさん、何をあげても、凄く喜んでくれるし、大事にしてくれますよ。でも、だからこそ何をあげたらいいか、分からなくて…」

「ノロケてるのか?」

「そ…そうじゃなくて!」

(もう、これじゃ相談にならないよ。そらさんに直接欲しいもの訊いても“紗絢ちゃんがくれるなら、何でもいいよー”って、言いそうだし、その“何でも”っていうのが1番困るから、アドバイス貰いにきたのに)

「それに…」
もうひとつ、悩んでる事を話そうとした時、部屋のドアが開いて桂木さんと海司が入ってきた。


「お疲れーっす…って、紗絢?」

「こんにちは。久しぶりですね」

「桂木さん、海司、お疲れ様です。お邪魔してます」

私は、冷蔵庫からジュースとアイスクリームを出して、2人に差し出す。

「ありがとうございます。今日も暑いですから、本当にありがたい」

「サンキュ。で?何の話してたんだ?」

「あのね、実は……」

海司と桂木さんに、プレゼントの事を話すと、海司はさっきの昴さんと同じようなリアクションをする。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ