メインストーリー

□優しいkissを…vol.8
1ページ/4ページ

暦の上では立春も過ぎ、少しずつ暖かさを感じ始めた、冬のある日。


大学の授業と部活が終わった、その帰り道―。

突然の海司からの電話だった。

「久しぶり、海司。どうしたの?」

「今、忙しいか?」

「学校、終わったから、今から帰るとこだけど…何かあったの?」

「実は…さっき、そらさん仕事終わって帰ったんだけど、なんか具合悪そうなんだ」

「えっ!?」

「お前、ちょっと様子見に行ってくんねーかな…」

「わかった!教えてくれてありがとう!」

海司が言い終わるのも、もどかしく、電話を切ろうとすると、大きな声が引き止める。

「ちょっと待て!落ち着けって。ったく、相変わらずだな。明日のシフト俺が代わるから、そらさんに休むように、言っとけよ」

「うん。ゴメン、本当にありがとう」


そういえば…一昨日の夜、一緒に食事した時、暫く夜勤続きで忙しくなるからって言ってたっけ。
毎日、メールはくれてたけど…無理したのかな…。

私は携帯を握りしめ、そらさんの家に急いだ。


息を切らしながら、部屋の前にたどり着くと、インターホンを押す。
いつもは、インターホンの音より先に、私の足音に気付いて、すぐに返ってくる返事がない…。

(寝てるのかな……。どうしよう、起こしちゃ悪いし…でも、起きれない位、具合悪かったら…)

2度目のインターホンをためらっていると、ドアの向こうで微かに物音がした。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ