メインストーリー

□ブライダル配信記念〜ある日の広末家〜
1ページ/3ページ

カチャッ☆

「ただいまー」

そらさんが仕事から帰って来た。

「おかえりなさい」

私は急いで玄関に出迎えに行く。

「お疲れ様です。今日は早かったんですね」

「急に予定が変更になってさ。子供達は?」

誰もいないリビングに入ると、外したネクタイを手渡しながら、そらさんが尋ねる。

しばらく帰りが遅かったそらさん。
今日は早かったとはいえ、子供達はもうそろそろ寝る時間。

「大河(たいが)は部屋に。風花(ふうか)はお風呂ですけど、そろそろ上がる頃…」

「あっ!お父さんだっ!おかえりなさ〜い」

ぎゅうっ。

そらを見つけるなり、長女の風花が駆け寄って抱きつく。

「ただいま。偉いなぁ、風花。1人でお風呂入ってたんだ」

「だって、もうすぐ1年生だよ?」

「ははっ、そうだったね」

顔を見上げる風花の頭を、そらさんが優しく撫でる。

「ん?髪、まだ濡れてるじゃん。乾かしてあげるから、おいで」

そう言って風花を抱き上げるそらさんに、私は声をかける。

「それじゃ、ついでにお風呂入ってきて下さい、その間にご飯の準備しときますから」

「は〜い」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ