野獣アパートメント

□潔く
1ページ/6ページ

ジュンス兄に告白された俺は、まだチャンソンへの思いを断ち切れずにいた。

テギョン「うがぁっ」

ベッドの上でジタバタしてたら、ベッドが壊れそうな音を立てた。

ジュンス兄「おい、壊れるぞ」

テギョン「・・・・・・」

ジュンス兄はあの時の告白の事に触れて来ない。
いつも通りの感じだ。

俺はどうしたらいいんだろう。チャンソンにはジュノがいる。
どう足掻いても事実は変わらないだろう。

でも気持ちを伝えないままジュンス兄とは付き合えない。いや、振られたからジュンス兄に行くってのもどうなの?

テギョン「・・・・・・」

ジュンス兄はテギョンを見ていた。

ジュンス「なぁテギョン。悩んでるのか?そのセンチメンタルな顔、似合わないんだけど。」

俺は黙って聞いていた。

意地っ張りで負けず嫌いなジュンス兄。チャンソンの代わりなんて死んでも嫌だろう。

ジュンス「思いきって振られてこい。いつまでそんな顔してるんだよ。スッキリして俺んとこ来いよ」

テギョン「振られたからってジュンス兄に乗り換えるなんてずるいじゃん」

ジュンス兄が真剣な顔で答えた。



next
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ