夢 短編

□もう伝わらない
1ページ/5ページ


「サレ様!」

倒れている彼のもとへ駆けつける。

しかし、もう遅かったようだ。

「そんな……、サレ様……」

傍らにしゃがみこみ、そっと呼吸と脈を確かめるが、
もうぴくりとも動かない身体はその確認すらしなくても、
死んでいると分かるほどだった。

「……っ」

涙が溢れてくる。

彼が死ぬなんて思わなかった。

ヒューマにして四星の彼。
能力が高く、レイピアを使った剣術も相当なものだった。








残酷で冷酷非情。
人を痛めつけることで喜びを感じる。

そんな彼が嫌いじゃなかった。

あなたの部下であることを恐れる人も多くいたけど、
私はそのすがすがしさが気持ちよかった。

誰にも屈しず自分の考えを曲げない感じ。
誰に恐れられても、誰に咎められても
彼は自分を変えない。

嫌いじゃないどころか、
好きだったのかもしれない。
 
 
 
 
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ