長編2 茜さす日暮れに


双子の片割れとして生まれたのにもかかわらず、亡き者とされた一つの命。

それを救ったのは、とある優しき者…


『あとどれだけ 叫べばいいの?
あとどれだけ 泣けばいいんだろう… 
 ――いつか見た夢が閉じる…』

※彼岸花 花言葉:「悲しい思い出」「再会」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ