凍てつき刃と陽の心

『凍てつき刃を振りかざせ』第二章。
従三位である清仁親王の元に嫁ぐことになった彰子。
そこで見た顔はどこか懐かしいものだった。
失われたはずの命。
それが引き起こす歪みとは…?



表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ