NARUTO【テンカカ】

□僕の気持ちに気づいてください※
1ページ/10ページ

「いい加減にしてくださいよ、カカシ先輩」

テンゾウが風呂から上がると、リビングで寛いでいるカカシがいた。
風呂に入る前にはいなかったので、いつものようにリビングの窓から入ってきたのだろう。

「たまには、自分の家に帰ったらどうですか」

テンゾウは冷蔵庫からビールを取り出しながら言った。

「そんなケチくさいこと言わないでよ。いいじゃないの」

テンゾウの言葉が本気じゃないことを知っていて、カカシも軽く言い返す。

「たまには帰ってるでしょ。テンゾウ、オレにも頂戴」

カカシは手に持っているビールを飲み干して、追加のビールを要求した。

「僕にだっていろいろ都合ってもんがあるんですよ」

「そーなの? 気づかなくってゴメンナサイ。」

気持ちのこもってないゴメンナサイを言ってからテンゾウからビールを受け取る。
テンゾウはそのままカカシの隣に腰を下ろしてビールを空け飲み始めた。
リビングテーブルには既に空のビール缶が二本と、カカシが買ってきたつまみがあった。
長風呂はしないので、既に三本目を飲んでいるということはいつものカカシよりペースが早い。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ