NARUTO【テンカカ】

□僕の気持ちに気づいてください※
3ページ/10ページ

◇◇◇


テンゾウは胡坐の上に跨るようにカカシを座らせた。カカシはすぐにでも触って欲しいと腰を擦り付ける。
そんなカカシを焦らすように、テンゾウはズボン越しにカカシのソレに触れる。

「ん・・・」

形を浮かせるようにゆっくりさするように手のひら全体を動かす。

「・・・テンゾウってば」

「何ですか?先輩」

既に熱を持ち始めているため、ゆるい刺激に物足りなさを感じカカシが堪え切れずに先を促すように言う。

「意地悪しないでよ。早くたくさん触って気持ちよくして」

「こんな感じですか?」

くっきり形がわかる状態のカカシ自身の先端を親指の腹で刺激する。

「ん、っ・・・はぁ・・・」

人差し指と中指で棹を挟むようにして指を添えて上下に動かす。

「あ・・・、そうじゃなくて、ん・・・、もっと」

完全に勃ち上がりズボンがパンパンになって窮屈そうだ。
ズボンのジッパーを下ろし下着越しに触れると溢れ出た蜜が染みを作っていた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ