NARUTO【テンカカ】

□いつかきっと【SIDE:T】
1ページ/3ページ

「カカシ先輩、そんな所で眠るとカゼ引いちゃいますよ」

台所で皿を洗いながらテンゾウはカカシに声をかける。
夕食の後片付けをしながら、リビングで横になるカカシが気になっていた。
(本当は片付けを早く終わらせて、カカシ先輩の隣で横になりたいんですけどね、僕は)

「んー」

返事が返ってきたもののカカシはそこから動く気配を見せない。
任務明け、カカシを部屋に上げることが最近の習慣になっていた。
どうせ食事をするなら、一人より好きな人と少しでも長く
一緒に過ごしながらの方がいいという理由で誘ったのがきっかけだった。
任務中とは違うカカシを見れるのが、テンゾウにとって密かな楽しみになっている。

(他の人にもそんな姿見せてるんですか? 
昔のことは仕方ないですけど、今は僕のところにいることが多いから、
『テンゾウだけだよ』って言って欲しいですよ)

「先輩」

皿を洗い終えたテンゾウは、リビングに横になっているカカシの側に腰を降ろし、声を掛けた。

「歯磨いて着替えてベッドで寝てください」

(先輩に向かってこんな言い方失礼かな? 
でもこれくらい強く言わないとこのままここで眠りかねないから仕方ないですよね)

ちゃんと聞こえているはずなのに、カカシは横になったままだ。
カカシは口布で覆われていない綺麗な顔を露にしている。
もっと近くで見たいと思ったテンゾウは、思わずカカシに顔を近づけていた。

「寝たふりしてもダメですよ」

(きっと起きてますよね。一応聞いてますけど、
このまま瞳を閉じたままでいるとキスしちゃいますよ)

「・・・わかったよ」

観念したカカシは起き上がった。

(残念。でも、しちゃったら僕はキスだけじゃ我慢できる自信がないからよかったのかもしれないですね。
このままここで一緒に眠るって選択肢もあるけど二人ともカゼ引いちゃいそうだし)

洗面所に向かうカカシを横目に、自分の寝床を作るため
テンゾウはリビングの片づけを始めた。
泊まりに来る頻度が高くなるにつれ、着替えや食器以外にも本や、
気まぐれで買ってくる雑貨等、カカシの物がどんどん増えていた。

(気づいたらいつの間にか増えてるんだよね。
ま、好きな人の物が増えていくのも悪い気はしないからいいけど)
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ