NARUTO【テンカカ】

□いつかきっと【SIDE:T】
2ページ/3ページ

寝床が出来上がったところで、歯磨きを終えたカカシがリビングに戻ってきた。

「何やってんの? テンゾウ」

ソファに寝床を作ったテンゾウに向かってカカシが声を掛けた。

「見てわかんないですか? 寝る準備してるんです」
「それはわかる」

(他に何をしているように見えるんですか、先輩)

「じゃ、僕も歯磨いてきます。カカシ先輩はベッド使ってくださいね」

それだけ言ってテンゾウは洗面所に向かった。

(いつもソファで寝てるのにわざわざ聞かなくてもいいじゃないですか、先輩。
本当は一緒に眠りたいんですよ。それ以上だってしたいんです。
だけど、今はただの後輩だから我慢してるんです。
決心が鈍るから誘わないで下さいよ)

歯を磨きながらテンゾウは一人葛藤していた。
気分を落ち着かせてリビングに戻ると、ソファに腰を降ろしているカカシの姿があった。

「どうしたんですか?」
「一緒に寝ようよ」
「いえ、僕はソファで寝ますから、先輩はベッド使ってください」

平常心を保ちながら、いつものように断りをいれる。

(今までは多分、カカシ先輩の誘いを断る人なんていなかったに違いない。
男女問わずモテる人だから選び放題という噂も他の先輩から聞いたこともあるし。
折角の誘いを断るなんて勿体ないと思ってますけど、今はダメなんですよ)

「なんで一緒のベッドで寝ないの?」

いつもはここで引いて大人しく寝室に向かうカカシだったが、今日はそうはいかないらしい。

「え? いや、その、二人だと狭いじゃないですか」

テンゾウの顔に動揺の色が見えた。

(なんでって、そりゃ一緒に眠るだけですまないからですよ。なんて言えません)

「そう? くっつけば狭くないよ」
「あー、暑いですよ」

テンゾウはカカシから視線を逸らして言葉を返した。

「エアコン入れてるから暑くないでしょ」
「・・・・・・」

テンゾウは言葉を詰まらせた。

(先輩は今までの人と同じような感覚で僕を誘ってるんですか? 
今まではそんなに食い下がってこなかったのに)

「・・・そんなに嫌なの? オレと寝るの」
「嫌じゃないですけど・・・」
「じゃなんで?」
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ