君と僕と真実と










という光がいて




という嘘があって




真実という未来があって




それで僕らは今を生きていたんだ。






君と僕と真実と







   

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ