ミコリン受け

□焼きもちの代償
2ページ/6ページ

次の日野崎は俺を見張る
ようにずっと後ろにいて
俺を見ていた

かなり視線が気になるが
野崎には話かけにくかった

廊下をわたるたびに
たくさんの女子に

『御子柴くーーーん!』

『こっちむいてー!!』

この声を聞くとなぜか
体が反射的に

『なーんだ子羊ちゃん達
今日はいちだんと多い
じゃないか
そんなにかまってほしいのか』

っ、やってしまった

のさ野崎の視線は鬼のようだった
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ