ミコリン受け

□小さな王子様
1ページ/1ページ

今日は堀先輩が俺の家に泊まりに来る日だ
付き合い始めてすこしだけど
おれはとても充実してると思う

『あっ先輩!今日遅かったですね』

『あぁ、今日は部活が長引いてなそれよりどうしたんだ御子柴』

あれ?先輩覚えてないのかな?

『今日は俺の家に泊まりに来るって言ってたからまってたんです』

そう言うと先輩はびっくりした顔で

『待ってた、ってもう夜だし寒いだろ
それに泊まりにいくのは明日だぞ』

『えっ!?』

待ってた分と期待していた分悲しかった

『それより御子柴、手だせ』

『?』

『いいから出せよ』

言われるがままに、手を出すと

『っつ、やっぱりなスゲー冷たいぞお前の手暖めなきゃな』

『えっああ//はい!』

いきなりの事にびっくりしたし
少し嬉しかった
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ