スマブラ小説

□プロローグ
1ページ/4ページ


もし、異世界に行けるなら、私はなんと答えるだろう。
わからない。でも、今聞かれたら、私は「はい」と答えるだろう。

今日は私の嫌いな、少ない梅雨の間の晴れた日。

 兄さんが「いなくなった」のは、ちょうどこんな、真っ青な空が見える日だったから。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ