ご訪問ありがとうございます♪

こちらは古高俊太郎さまのお話しか置いておりません。

クオリティーは下の下ですので、悪しからず。

どうか、我が子の授業参観での作文発表を見守るくらいの温かい目で見てやって下さいm(__)m




<鍵のヒント>
!鍵は二つありますのでご注意ください!

@「短篇」「半篇」「連続篇」「特別」

ヒント:俊太郎さまの纏う香りを半角英数字で。


A「長篇」「壱拾八禁」「リンク先の四ケタの鍵」(Amebaではアメンバー限定記事になっているもの)

ヒント:本庫にて公開。※アメ限

TOP→本庫【古高専門書庫】→テーマ→分庫の鍵

お話の内容は「本庫」「分庫」共に同じです。
是非、本庫の方へも遊びに来て下さい♪



椎那

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ