Butterfly

――トクン.....トクン....

小さな森の中に、小さな鼓動が聞こえる。
羽を折り畳んで丸くなり、時を待ちわびる。

蜘蛛の糸に絡めとられたこの命、
優しく解き放ってくれた温かな体温。

蝶がいつまでも忘れる事ができなかったもの、
幾度も願い、想い続けた人。

――ピシッ...

殻のひび割れる音がして日光がさし込む。
爽やかな空気の匂いがして風が舞い込む。

再び世界に羽ばたいた一匹の美しい蝶。
蝶は一人の少女となり、地を踏みしめる。

* 必読
花と蝶



ブックマーク|教える
訪問者202人目
最終更新日 2015/03/19




©フォレストページ