SD long【完】

□@ あなたと仲間との出逢い…
1ページ/5ページ


中2の春

私は 和光中に 転校した。




キーン コーン カーン コーン
チャイムと同時に私は担任と一緒に
教室に入った。






私は無表情のまま、黒板の前に立った。
私を見たクラスメイト達は
目を点にして見る者や
ひそひそと小声で話しながら嫌な目で見る奴もいる。



そりゃ、そんな目で見られるか。


髪は胸まであるロングヘアーの金髪で毛先がオレンジ色に染まり、スカートは短く、ピアスにネックレスを身につけ、その時に流行っていたルーズソックスを履いていたから…。



担任「ほら、自己紹介して。」


担任に何言われても応えない私…


はぁ… と 担任がため息をつき、
クラスの皆に


担任 「転校生の 赤崎 里緒奈だ。」


それから担任は 私の席を指をさし、座るように伝えた。

窓側の前から2番目…

運動場が見えて

来てから ずっと

外を眺めて ボーッとしていた。




昼休みになると
私の目の前にひょっこりと
1人の男が現れた。


「なぁ、どこの中学から来たんだ?」


と、私の顔を覗き込んできた。



私は一瞬 目を丸くしたが、
すぐに無表情に戻って



『 … 。武石中…だけど、何?』


と、ぶっきらぼうに こたえた。

彼は…


「 俺、水戸洋平。宜しくな!」


ニカッと子供のような笑顔で言ってきた。思わず、コックリ頷いてしまった…。


洋 「(あっ!頷いてくれた 笑)」


『(…リーゼント。…不良か?不良でも子供のような顔する奴いるんだな。)』



洋平への第一印象は
リーゼントの不良だと思ったが、
悪い印象ではなかった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ