SD long【完】

□A 新しいクラス・夏の約束
1ページ/6ページ


今日から中3かぁ…


私は一人で登校していた。



中2の1年間は 洋平が隣にいたし、
あの5人と 一緒に過ごしてきたから、なんか早かったなー…。



私、新しいクラスに馴染めるのか?汗

まあ、そん時は そん時か!!




少し不安を 抱えながら
門の前まで行くと
おなじみの顔ぶれが
ワイワイ登校していた。


横一列に並ぶ、桜木軍団に向かって
全力で走った。
洋平と花道の肩に手を掛け、
間に割って飛び込んだ。



『不良軍団!!朝から邪魔だぞー!!』


5人 「「「「「どわぁぁーーーー!!!!」」」」」


5人は 目を飛び出して
驚いて 転んだ。


私は朝から大爆笑した。



洋 「おいおい、少しは手加減しろよ;」
洋平は 眉毛を下げて 笑ってくれた。


4人も ワーワー言いながらも
私の冗談挨拶を 受け止めてくれる。

そんな5人が 私は 大好きだ。



大楠 「そーやー今日って、クラス発表だよなー。」


高宮 「6人もいるんだし、誰かしら一緒になるんじゃねーの」


笑いながら、6人で クラス発表を見に行った。




か、しかし…



『えぇぇー;マジかよぉぉー…。』


そん時は、そん時!!
が来てしまった…。



『なんで私だけ離れたのー;;』


嫌がらせだ…。
と思ってイライラした。

5人は慰めてくれるが
全然 気持ちは晴れない。



洋 「落ち込むなって。授業が終わったら、里緒奈のクラス行くし、昼休みも放課後も迎えに行くから、元気出せよな。」

そう優しく言うと
いつものように 頭を撫でてくれた。


なんとなく、ホッと安心したから
私は 新しいクラスに向かって歩いた。
その後ろ姿を 洋平はじっと見ていた。



大楠 「洋平。里緒奈が 心配か?ニヤ」


洋 「…っ!!なんだよ;」


洋平は はぁ…と、ため息をつくと


洋 「そりゃ、心配にもなるさ。アイツ、俺たち以外に友達いないんだぜ。自分から友達作らないようにしてるみたいだしよぉ…。」
(過去になんかあったんだろうけど…。今は聞けねーなぁ…。)


大楠 「ん?洋平、違うぜ。」
チッチッチッチッと
人差し指を立てて 横に振る 大楠。


高宮 「あんなんだけどよ、結構可愛いじゃん!里緒奈って!」


忠 「他の男が放っておくと思うか?ニヤ」


ニヤニヤ話す バカ3人。



洋 「何が言いてーんだよ、お前ら。」
呆れた顔をする 洋平。


高宮 「つまりだな、誰かに取られる前に早く告白しちゃえっつーことだ!笑」
ゲラゲラ笑う バカ3人。



洋 「ばーか。今の里緒奈は、俺ら5人を ツレとしか思ってねーよ。それに 里緒奈に近づく勇気のあるやつが この学校に俺ら以外でいると思うか?なかなか いないぜ。笑」
と、洋平は 笑った。


バカ3人 「ま、それもそーだな!笑」


花道 「そうだ!里緒奈は 俺らが絶対に渡さーん!!」


そんな話をしながら、5人は
新しいクラスに 向かった。



洋 「(1年かぁ…。なげーな。中2ん時みたいに 隣でずっと見れたら、何の心配もねーのによ…。)」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ