SD long【完】

□B 夏休みの思い出
1ページ/9ページ


中3の夏休み


毎日のように街をブラブラする6人。



高宮 「はぁ〜。いいことねぇーかなー。そして、可愛い子ちゃん いないかなー。」


忠 「おっし!今日もナンパするか?笑」


大楠 「だーめだって!里緒奈がいるだろ!」


花道 「ぬ?なんで里緒奈がいるとダメなんだ?」


大楠 「だって女の子寄って来ねーじゃん!笑」


ギャハハッと笑う4人。



『(ちげーよ。お前らのガラがわりーからだろーが。)』



本当は皆 里緒奈が 退屈しないように 気を遣ってるからだ。



チラッとバカ4人が 私を見た。



私は シッシッと手を振り
行って来い!と言った。


4人は ニターッと笑って
女の子を探しに行ってしまった。




『洋平は行かなくて よかったのか?』
と、私が尋ねると



洋 「俺はいいよ!俺まで行ったら、里緒奈 一人になるだろ。」



洋平はいつも私の隣に居てくれる…。



『でもたまには行きたいだろ。…可愛い女の子とも遊びてーだろ?』



洋 「いや。」



洋平は否定したあと、 私の目の前に立って 顔を覗き込んだ。


洋 「俺は 里緒奈で手いっぱいだから、そんな余裕ねーよ!笑」

ニカッと笑って言ってきた。




『な、なんだと?!おい!洋平!お前が過保護なだけだろーが!!』




洋平に一発殴ろうと思った瞬間…。
殴ろうとした私の手を
洋平が ぎゅっと握って、



洋 「あいつら まだ帰って来ねーだろうし、アイスでも食べに行くか?笑」



そのまま手を繋いで
アイスを買いに行った。




アイスを買った後、ベンチに座って
一つのカップアイスを2人で食べた。
(ほとんど、私が食べたんだけど…)
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ