SD long【完】

□F やっぱり特別な人…
1ページ/5ページ



「里緒奈ー!里緒奈ー!!」


お母さんの声で目が覚めた。






『あっ…、昨日はこのまま寝ちゃったんだ。』





携帯を握り締めたまま、ベッドの上で寝ていた。
まだ眠たいけど、とりあえず体を起こす。





入るわよ!と言って、母が部屋に入ってきた。





「里緒奈!洋平くん達が来てるわよ!って、あんた昨日そのまま寝たの?!お風呂ぐらい入ってらっしゃい!!」




朝から母に怒られた…。





『ん?洋平たちが来てんの?』



なんでだ?と思いながら、とりあえず着替えようとした…。






「「「「里緒奈ー!入るぞー!笑」」」」


ガチャッと勝手に扉が開く。





『バカ!!勝手に入るなー!!』





気にせずズカズカとバカ達が入ってきた。





高宮「おっ!着替えるのか?笑」




大楠・忠「どうぞどうぞ!お構いなくー!笑」




バカ3人がニヤニヤしている。




花道は頬を少し赤く染め、
ぬ!生着替え…。と言っている。





『バカか!ここで着替えるわけねーだろ!ったく、ここ女の部屋だぞ!少しは気ぃ遣えよな!』




そう言って、あたしは 部屋を出ようとした。





扉の前に洋平が立っていることに気づく。





『あっ…。洋平…。』





洋 「よっ。おはよ!」





いつもと変わらず、ニッと笑う洋平。





洋平のその笑顔はなんだか心地良い。



(昨日寝ちゃってメール返さなかったけど、洋平怒ってないな。よかった!)



あたしも、おはよ!と返した。





『お風呂いってくるからテキトーにくつろいでて。』



洋平に伝えて、部屋を出た。





てか、あいつら何であたしんちに来たんだ…?これは…なんかある…。







お風呂から上がるとすぐ部屋に戻った。



あの5人が自分の部屋かのように、
雑誌を読んだり、お菓子を食べたり、
床で寝てたりと…超くつろいでいる。





『高宮!お菓子ボロボロ落とすなよ!掃除するの大変なんだからな!』


キャミソールに短パンの里緒奈は部屋に入り、ベッドの上に座る洋平の隣にドスンッと足を組んで座った。



高宮「いいじゃねーかよ。いつものことだろ 笑。ボリボリ…」





はぁ〜。とため息をついて、5人を見た。





『それで!今日は なんであたしんちに5人揃って来たんだよ。なんか理由があるんだろ?』



大楠 「おっ!さすが 里緒奈!自分から聞いてきたか!笑」



なんだよっと聞くと、



忠 「里緒奈、お前 昨日何してたんだ 笑?てか、誰と一緒にいた?笑」



忠・大楠・高宮はニヤニヤしながら、こっちを見てきた。



花道 「ぬ?お前ら、知ってんのか?」



洋平も はてなを浮かべる。





『むっ;…なんだよ。昨日言わないって、言っただろ。』





大楠 「じゃー、俺らが当ててやろうか?笑」



高宮 「俺ら昨日見ちゃったんだぜ!笑」



バカ3人がズンズン迫ってくる。





なんで よりによってこのバカ3人にバレるんだよ;本当っ運が悪い…;





忠 「おっ!もしかして、付き合ってんのか?笑」



花道 「なぬッ!里緒奈に彼氏ができたのか?!」


ガバッと花道は立ち上がって聞いてきた。





『付き合ってもねーし、彼氏もいねーよ!てか、なんなんだよ;』




なんとなく、洋平を見る事ができない…;





洋 「……。里緒奈、昨日 誰といたんだよ。」





ほらー!見ろー!なんか不機嫌になってきたじゃねーかー!!
バカ3人、どうしてくれんだよー;






『…いや、昨日は…そのぉ…クラスの奴とぉ…。』




言いにくそうにボソボソ言った。




洋 「お前、まさか須藤と一緒にいたのか?!」




ゲッ!!やっぱりバレたー;




あたしは 正直にコックリ頷いた。





洋平は はぁ〜とため息をついて



洋 「気をつけろって言ってるだろ。他の男は俺らと同じように考えない方がいいって。」



はい…。あたしは 俯いて返事をした。
チラッとバカ3人を見ると、
こっちを見て あのニヤニヤ顏で見てくる。




くそっ!あのバカ3人め、あたしが洋平に怒られるのを見て楽しんでるな…。



バカ3人を キッと睨むと、3人揃って目を逸らした。





洋 「で、昨日はなんで連絡が遅くなったんだ。なんかあったんだろ?」




ぐっ…。それも聞いちゃうのかよ…。
考える時間なんてなかったから
何も考えてねーし、なんか言えない…。



『いや、別に何もなかったけど…?』



洋平と目を合わせず、言った。





洋 「ふ〜ん。そっか、わかったよ。」



と言って、洋平は立ち上がった。





花道 「ん?洋平どこ行くんだよ。」



洋平は扉の方へ歩いていく。




洋 「飲み物買いに行ってくるわ。」



そう言って、里緒奈の家を出た。






花道 「なんか洋平の奴、怒ってなかったか…?」



『お前ら3人のせいだからなっ。』


バカ3人を睨んで怒った。



大楠 「怒られる理由を作った里緒奈が悪い!ほらっ!洋平行っちゃったぞ!一緒に飲み物買いに行って来い!笑」



なんか面白がっているバカ3人…。




とりあえず家を出て洋平を探しに行った。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ