SD long【完】

□I あなたという存在…
1ページ/4ページ



里緒奈は教室に戻ってきて
美友理の席の後ろへ座った。



「里緒奈、おかえり!…どうしたの?」


里緒奈の様子が変だとすぐに分かった。



『美友理、…今日一緒に帰っていいか?』


「私はいいけど…、水戸くんはいいの?」


『…洋平なんて、…知らねーよ。』


「やっぱり何かあったんだね。後で聞くね。」


美友理は そっとしておいてくれた。




学校が終わると美友理と帰ろうと廊下を歩いてたところで、etcに会った。



忠 「おっ?里緒奈、洋平と花道のクラスあっちだぜ。」


逆方向を指さして言った。


里緒奈は顔だけ振り返り、


『…先に帰る。洋平に言っといて。』


そう言って、帰って行った。


高宮 「なんか、すんげー怒ってるな…。」


大楠 「あぁ…、洋平に言いにくいな…。」


etcは 里緒奈をからかったことを少し後悔した。




美友理と二人でファミレスに来た。
パフェを食べながら洋平のことを話した。



『洋平の奴…、大人しく清楚系女子が好きだなんて一言も言ってなかった。あのバカ3人が知ってて、なんでそーゆーことあたしには言わないんだよ…。』


「でも…水戸くんが言ったワケじゃないから誤解かもよ?」


『どうかなぁ…。洋平、あんまり自分のこと話さないから。たまに分からない時がある…。』


「へぇ〜。里緒奈でも水戸くんの事わからない時があるんだね。」


そりゃ、そうさ。と里緒奈は言う。


「私から見て水戸くんはいつも里緒奈の隣にいてくれるよね。毎日一緒に登校して、毎日里緒奈を迎えに来て帰る。それって……里緒奈の事、好きなんじゃない?」


あたしは美友理の言葉にビックリした!


『えぇっ!ないない!!絶っ対にない!!!』


手足をバタバタして否定した。


「そうかなぁ。じゃぁ…里緒奈は?」


えっ?!あたし?!ん゛〜〜〜。と考えた。


「水戸くんが他の女の子のこと可愛いとかタイプって言われると、なんか嫌な気持ちにならない?それ、ヤキモチだよ!笑」


『ヤ、ヤキモチッ?!…えっ、なんか嫌だなぁ;』


「あははは!里緒奈って可愛いね!笑」


か、可愛いっ?!と
里緒奈は恥ずかしくなる。


「ねぇ、里緒奈!気になってたんだけど…、水戸くんと手繋いだりした?」


ん?手繋ぐなんて結構あるぞ?と答えると


「そうなの?!じゃぁ…抱き合ったり…キスは?」


美友理もちょっと恥ずかしそうに聞いた。


『えっ?!いやぁ…まあ…そのぉ……キスは2回程……。』


ボソッと里緒奈は顔を赤くして答えた。


美友理は二人が両思いだと確信し、


「水戸くんになんでキスしたのか聞かなかったの?」


『へっ?!そ、そんなこと聞けない;その時の雰囲気でしたのかなって…。まぁ…お互い気まずくならないように、その事は触れなかったんだよ。』



(水戸くんはそれなりにアタックしてるけど、里緒奈が気づいてないわけね…。里緒奈、超鈍感…。水戸くんも大変だな。笑)
美友理は そう思った。




その時、里緒奈の携帯が鳴った。


『ゲッ;洋平だ…;』


「ナイスタイミング!里緒奈、今日の事はちゃんと謝った方がいいよ!」



洋平の電話に出た…。


『な、なんだよ…。』


美友理(完全に喧嘩腰じゃなーい;)


洋 「里緒奈、お前 今どこにいるんだ?今から話せないか?」


里緒奈はチラッと美友理を見ると、
話しておいで!という目で見てくれた。


『うん…、いいよ。今から洋平んち行く…。』


そう言って電話を切った。



「あぁー、ヒヤヒヤした!ちゃんと謝って仲直りしておいでね!あと、本当にそーゆー子がタイプなのか確認してきたら?」


『うん、そうだね…。美友理、ありがとう!美友理に話して良かった!』


「どういたしまして!いってらっしゃい!」



里緒奈は 急いで洋平の家に向かった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ