justice・plunder

これは、運命を信じる事無く

自分を信じて

時には真直ぐに

時には回り道をしながら一生を歩んだ

一人の青年と


禁じられた力を持ち


自分だけを信じて戦う


・・・
アクマとの


物語である




―――――貴方は


―――――運命を信じていますか?

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ