夢部屋

□*アネモネ。2
1ページ/3ページ



あれからどのくらいたっただろう。
昼間の青空はもう黒く染まっていた。


「こへいた……」

愛しい人の名前を呼んでも、返事は返ってこないし気配すら感じない。

(こんな顔じゃ、誰にも会えないや)

夕飯も今日はいらないや。お風呂に入って、明日の準備もしなきゃ。


振られたばかりでまだ信じたくないのに、意外と頭は動くものだ。


「はぁ……。明日からどうしよう」


小平太には会えるのだろうか。
彼はどんな顔するだろう。
また話してくれるのかな。
みんなはいつも通りに接してくれるかな。
あ、バイトも行かなきゃ。

私は机に本を並べ直し、先にお風呂に行くことにした。

「早く上がって、これ読まなきゃ」


私にはやらなきゃいけないことがある。立派な忍者になるためにも。
小平太とみんなと卒業までここにいるためにも。


「…想うだけならいいよね?」

また泣きそうになるのをぐっと堪えて、私はお風呂場へ向かった。
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ