夢部屋

□*はつでーと
1ページ/6ページ


…バンッ

「聞いてくれッ!!兵助!!」
慌しく走ってきたかと思えば、勢いよく戸が開けられる。

顔を赤らめ、兵助の名を呼ぶ竹谷八左ヱ門。

「あれ…?みんな集まってたの?」

何やら兵助にだけ話したいことがあったらしく、頬をかき戸惑う。

「おやおや、どうしたんだい?八左ヱ門くん。皆に話してみなさいよ。」
ニヤリと三郎。

「僕達、お邪魔だったかな?」
遠慮がちな雷蔵。

「あの春画の話?」
団子を片手に期待する勘右衛門。

「違うッ!…ッてなんだよあの春画って…」


「もしかしてハチ、成功したの?デートのお誘い!」
パァッと輝かせた顔で竹谷に質問する兵助。


「「「…!!?」」」

皆が一斉に兵助の言葉に衝撃を受ける。

(あ〜……言っちゃった…)
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ