リクエスト小説

□何もしないからさ
1ページ/3ページ




「ね、お願い」
「やだ」
「ねーってばー今日私仕事頑張った」
「むり」
「ね、1回でいいから…今日だけ!お願い!」




このような掛け合いが始まったのは数十分前
だって…玲香のエプロン…裸の…見たかったんだもん。
数時間前に「お仕事頑張ってるね♪そんないい子な若月にご褒美をあげよう!なんでも言ってね♡」
なんてメールが来たからずっとしてもらいたかった裸エプロンっていうのを頼んだんだけど…断られてしまった、なんで。?



「ね〜玲香〜なんでもするって言った」
「そーゆーことじゃないの!!その…なんかこう、ケーキ食べたい!とかさハンバーグ食べたい!とかさ…」
「玲香で癒してよ」
「…明日お仕事早いんだもん…」
「何もしないからさ」
「うそ」
「嘘じゃない!お願い1回見てみたいの」
次へ
前の章へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ