SSS

□オーブン夢
1ページ/1ページ




「オーブンちょっと耳かして?」

いたずらっ子みたいに笑って彼女がそう言った。

「あぁ、どうした?」

「あのね、」

オーブンが彼女を抱き上げ耳を貸す。

「…好き。」

彼女がそう囁いて、オーブンは笑ってキスをした。

「…俺も。」

「…ふふっ。」

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ